身長を伸ばすのに必要な栄養とは?

ボーンペップ

身長を伸ばすのに必要な栄養はカルシウムタンパク質です。

 

カルシウムには骨を丈夫にする作用があります。
骨はコラーゲンの周りにカルシウムが結晶化することで、強い構造を持つことができます。

 

成長期にカルシウムが不足していると、骨がスカスカのまま伸びてしまい骨粗鬆症を引き起こすこともあります。

 

日本人はカルシウムの摂取量が少なめなので、意識して摂取しなければなりません。
ただし骨を強くすることは成長期に重要なことですが、そもそも骨を作ることができなければ身長は伸びません。

 

そこで骨の他にも筋肉や血液、毛など体を作る基本となるタンパク質を摂取します。
タンパク質には成長ホルモンの分泌量を増やす作用もあります。

 

かつて日本では穀物を中心とした食事が主流でしたが、食の欧米化になるにつれて乳製品や肉、魚を多く食べるようになりました。
その結果、戦後の平均身長は戦前よりも高くなったというデータがあります。

 

体の小さな子供は大人よりも1日に必要な栄養素の摂取量が少ないことが多いですが、成長期の場合タンパク質は大人と同じくらい摂取することが推奨されています。
部活などで激しい運動をしているならば、より多く摂ると良いでしょう。

 

 

さらに身長を伸ばすサプリメントにはボーンペップという成分が入っていることが多いです。
ボーンペップは卵黄ペプチドのことで、タンパク質を細かく分解したものです。
ペプチドはもっと細かく分解するとアミノ酸になって吸収されます。

 

ボーンペップにも骨の成長をサポートする作用があります。
骨を作る細胞を活性化させるので、細胞分裂が活性化する成長期にピッタリの成分です。

 

カルシウムだけを摂取した時と比べてボーンペップも一緒に摂取した方が骨密度が上がるので、カルシウムも合わせて摂取することが大切です。

 

体重1kgに対しボーンペップを100mg摂取すると効果を実感できるとされ、摂取量が多いほど効果が上がるため積極的に体内に取り入れたい成分です。


ボーンペップ配合量No.1!

カルシウムも黄金バランスで配合!

継続しやすい価格!

成長サポート「ノビルン」

詳しくは公式サイトで♪

▼▼▼CLICK▼▼▼

>>ノビルン公式サイト<<