身長を伸ばすには睡眠が第一!その7つのポイントとは?

ボーンペップ

寝る子は育つ

 

昔からこう言われるように、人間の身体が最も成長するのは睡眠中です。

 

特に、成長期に身長を伸ばすのに欠かせない”成長ホルモン”は、睡眠中に最も活発に分泌されます。
睡眠は身体を休める時間であると同時に、身体をつくりかえる時間でもあるのです。

 

少しでも身長を伸ばしたいなら、夜更かしは厳禁!
身長を伸ばすための睡眠について、7つのポイントを見ていきましょう。

 

8〜9時間の睡眠時間を確保

1番のポイントは、そもそも「長く寝る」ということです。
理想的な睡眠時間は、小学生〜中学生で9時間
高校生で8時間と言われています。

 

子どものほうが成長の幅が大きいために、長い睡眠時間が必要なのです。

 

欧米人って日本人より身長が高い人が多いですよね。
もちろん遺伝の影響もあるでしょうが、そもそも欧米の子どものほうが日本の子どもより圧倒的に睡眠時間が長いというデータもあるのです。

 

睡眠環境を整える

長く眠るためには、心地よい睡眠環境が不可欠。
なるべく静かで余計な明かりのない環境、心地よいベッド、柔らかすぎない布団などが必要です。

 

また、子どもは寝汗をよくかくので、肌に接するものは通気性がよく、こまめに洗える清潔さを保てる素材を選びましょう。

 

早寝早起きの規則正しい習慣

人間の体は、朝日を浴びることで目覚めるように出来ています。
この朝日を浴びれるように、早起きすること、そのためには早めに寝ること。

 

このサイクルを規則化して毎日決まった時間に起きることで、睡眠中のホルモン分泌がスムーズになります。

 

寝る前に食事をしない

食べたものを消化して吸収するというのは、実は結構な重労働です。
食事の後は、消化器がフル稼働している状態で、この状態で寝るということは身体にとって負担となります。

 

本来は身体の成長のために使われるべきエネルギーが消化吸収に取られてしまうのです。
食事は、最低でも布団に入る2時間前までに終わらせましょう。

 

お風呂で身体を温める

雪山で遭難して眠くなっていくシーンを映画などでも見たことがあると思います。
人間は、深部体温が下がっていくのに合わせて眠くなっていくのです。

 

このため、寝る30分〜1時間前にお風呂で身体を温めて置くと、上がってから徐々に体温が下がっていくのに合わせて眠気が訪れるため、スムーズに眠りに入りやすくなります。

 

寝る前にテレビ、スマホを見ない

スムーズな睡眠を促すホルモンであるメラトニンは、周囲が暗くなることで大量に分泌されます。
人体の中で、周囲の明るさを感知するは眼。
テレビやスマホの画面の明かりは、眼の視神経を強烈に刺激してメラトニンの分泌を妨げるため、寝る前にはテレビやスマホは見ないようにしましょう。

 

寝起きに大きく”伸び”をする

信じられないかも知れませんが、成長期の骨は「引っ張れば伸びる」のです。
もちろん、両手足を持って引っ張るなどの乱暴なことはしてはいけません。

 

しかし、「寝起きに毎日伸びをしていたら身長が物凄く伸びた」という事例は数多くあります。
また、関節を伸ばすストレッチも、骨を伸ばす効果が多くの研究で明らかになっています。

 

毎日起きたら、布団の中で思い切り”伸び”をしてみましょう♪


ボーンペップ配合量No.1!

カルシウムも黄金バランスで配合!

継続しやすい価格!

成長サポート「ノビルン」

詳しくは公式サイトで♪

▼▼▼CLICK▼▼▼

>>ノビルン公式サイト<<