骨粗しょう症の予防にもボーンペップが有効?大人も摂取しよう!

ボーンペップ,骨粗しょう症

 

日本では、骨粗しょう症の患者とその予備軍の数はなんと2000万人!

 

実に6人に1人が、骨粗しょう症の危険があるのです。

 

骨粗しょう症は骨が弱くなる症状で、高齢者の病気と思われがちですが、実は40代から発症する人も増えているとか。

 

そんな骨粗しょう症の予防にも、ボーンペップが有効であることがわかっています。

 

ボーンペップを積極的に摂取して、骨粗しょう症の予防に努めましょう!

 

骨粗しょう症の原因とは

骨粗しょう症の原因は、「骨の合成を上回るペースで骨の分解が進んでしまうこと」にあります。

 

骨というのは、コラーゲンで出来たフレームの周りに、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが吸着して凝固することで出来ています。
建物に例えると、コラーゲンが鉄筋、ミネラルがコンクリートのような役割です。

 

しかし、骨と鉄筋コンクリートの決定的な違いは、骨は常に生まれ変わっているということ。

 

骨も、人間の他の細胞と同じように新陳代謝を繰り返しており、同じ骨でも約3年で全て新しい細胞に生まれ変わっているのです。

 

骨の新陳代謝

骨の新陳代謝は、まず骨の分解から始まります。

 

破骨細胞と呼ばれる細胞が、骨からカルシウムやマグネシウムを取り出して血管の中に放出し、骨を分解していきます。
こうして、古くなった細胞が分解されていくのです。

 

次に、骨芽細胞と呼ばれる細胞が、血液中のタンパク質やミネラルを骨に送り込んで、新しい細胞を作っていきます。
こうして、骨は新しい細胞に生まれ変わっていくのです。

 

しかし、年齢が進むに連れて骨芽細胞の働きは弱くなっていき、骨の合成のペースが落ちていきます。
このため、合成が分解に間に合わず、どんどん骨は分解されて弱くなってしまうのです。

 

女性に骨粗しょう症が多い理由

世界的に見ても、骨粗しょう症の患者の8割は女性であり、女性に骨粗しょう症が多いことがわかります。

 

この理由は、女性の場合破骨細胞の抑制しに、女性ホルモンのエストロゲンが大きく働いているから。

 

若い時はエストロゲンの分泌も豊富なため、このホルモンが破骨細胞の働きを抑制して分解と合成のバランスを取っています。

 

しかし、閉経を迎えてエストロゲンの分泌が減少すると、破骨細胞の働きを抑えられなくなり、分解がどんどん進んでしまうのです。

 

ボーンペップは破骨細胞の働きを抑制する

卵黄に含まれるボーンペップは、骨の成長を強力に促進するタンパク質ペプチドとして発見されました。

 

このボーンペップは、破骨細胞の働きを抑制して、骨芽細胞の働きを促進する効果が認められています。

 

この効果は、成長期の子どもの身長の伸びを促進するサプリとして注目されていますが、高齢者の骨粗しょう症予防の面でも、効果が期待されています。

 

ボーンペップを大人が飲んでも背が伸びる事はありませんが、「骨が強くなる」効果は期待できると言っていいでしょう。

 

特に閉経後の女性は、女性ホルモンの分泌が減って骨が弱くなりやすいので、積極的にボーンペップを摂取しましょう!


ボーンペップ配合量No.1!

カルシウムも黄金バランスで配合!

継続しやすい価格!

成長サポート「ノビルン」

詳しくは公式サイトで♪

▼▼▼CLICK▼▼▼

>>ノビルン公式サイト<<