ボーンペップをたくさん摂れる食品とは?

ボーンペップ

ボーンペップは卵黄から発見された成分ですから、一般的な食品では鶏卵を食べると手軽に摂取できます。
カルシウムとの相性が素晴らしいために、魚類や大豆食品と合わせて摂取すると、身長を伸ばすための食事にもなります。

 

当然ながら、卵黄が原料として使われている食品からも摂取することができます。
そのままで飲むこともありますが、加工したほうが食べやすくなり、同時に美味しさも楽しめるので一石二鳥です。

 

レシチンの乳化作用を利用してマヨネーズの原料として使われていますが、ボーンペップを摂るためにも役立ちます。
市販品の場合には量が少ないことも考えられるため、卵黄からマヨネーズを手作りして摂取量を増やす工夫も必要です。

 

卵黄が使われているサプリについても、ボーンペップが多い食品の部類に入ります。
サプリであれば日常的に利用しやすいだけでなく、消化吸収に優れる点もあるのが利点です。
黒酢やニンニクと一緒になったものを選ぶ場合にも、同じように摂取することができます。

 

鶏卵の加工食品では、ゆで卵や燻製卵からも摂取することができます。
ゆで卵に対してカルシウムが豊富な魚介類を合わせて、マヨネーズで味付けしてサラダにするとバランスよく摂取できます。

 

卵黄の味噌漬けは珍味の一つであると同時に、ボーンペップを美味しい状態で摂取できる食品としても重要です。
味噌と一緒にすると、大豆に豊富なカルシウムが調和します。

 

燻製にしたものは余計な水分がなくなる分だけ栄養価や風味が増えますが、ボーンペップを大量に摂取するためにも有効です

 

寒い冬には鶏卵を豊富に加えた卵酒を食べることにより、ボーンペップの不足分を補えます。
暑い時期には、卵黄入りのアイスクリームを食べるようにすれば、ボーンペップと一緒に乳製品由来のカルシウムも摂取できるので合理的です。

 

体力を総合的に高めたいときには、卵黄入りのプロテインドリンクを利用することで、ボーンペップを無駄なく摂取できます。


ボーンペップ配合量No.1!

カルシウムも黄金バランスで配合!

継続しやすい価格!

成長サポート「ノビルン」

詳しくは公式サイトで♪

▼▼▼CLICK▼▼▼

>>ノビルン公式サイト<<