ボーンペップを大人が飲んでも身長は伸びません(´・ω・`)でも飲んだほうが良い理由

ボーンペップを大人が飲むと

背が高くてすらっとした体型に憧れている方は多いでしょう。

 

とはいえ筋肉や脂肪などに比べて、成長期を終えた大人が身長を伸ばそうと思っても至難の業であるのは言うまでもありません。
子供の成長をサポートするボーンペップが配合されたサプリメントなどを試せば効果があるのではないか、と期待するのも当然のことです。
しかし、ボーンペップを大人が飲んだ場合、骨を強くする効果はあるものの身長は伸びないということに気をつける必要があります。

 

そもそも背が伸びるメカニズムには、骨の成長が関係しています。
子供の頃からぐんぐんと骨は大きくなっていき、思春期あたりにピークを迎えるため、この成長期の間にきちんと栄養を摂取することがポイントです。

 

学生時代に不摂生な生活を送った結果、背が伸び悩んでしまったという苦い経験をした方も珍しくないでしょう。
大人になってしまうと骨はほとんど大きくならないため、成長が止まるまでにしっかりと体にいい生活ができたかが重要になります。

 

身長のために摂りたい栄養というとカルシウムがよく知られていますが、さらに現在注目されているのがボーンペップです。
ボーンペップは、卵の中でヒナがすくすくと育つことに着目し、卵黄から見つかったペプチドです。

 

ヒヨコが短期間でどんどん大きくなるように、成長期の子供に対してカルシウムと一緒にボーンペップを与えることで、成長のサポート効果が期待できます。

 

ただし、忘れてはいけないのがどれだけいい栄養を摂取しても骨自体が大きくならなければ身長は伸びないということです。
つまり成長期を終えた大人がボーンペップを摂取したとしても、背を伸ばすことには繋がりません。

 

ではボーンペップは子供にしか意味がない成分なのかといえば、それも違います。
大人になっても骨を健やかに保つためには栄養が必要になります。

 

ボーンペップは骨を強くする効果はあるので、骨折などのトラブルに負けない体を作るために役立つでしょう。

 

骨粗しょう症の予防にもボーンペップが効果的

骨というのは、固く丈夫なものというイメージがありますが、実は毎日のように分解と合成を繰り返しています。

 

破骨細胞という細胞が骨を分解して古いカルシウムなどを取り出し、骨芽細胞が新しいカルシウムを合成して骨を作っています。

 

一本の骨も、だいたい3年くらいで全く別の細胞に生まれ変わっているのです。

 

しかし、年齢が高くなるに連れて骨芽細胞の働きが弱まり、分解と合成のバランスが崩れて分解される一方になってしまいます。

 

これによって骨が弱くなるのが、骨粗しょう症

 

ボーンペップには、骨芽細胞の働きを活性化する働きがあるため、骨粗しょう症の予防にも効果的だと言われています。

 

特に、無理なダイエットをして栄養摂取が足りていない人などは、ボーンペップを積極的に摂取して、骨を強くしておきたいですね。


ボーンペップ配合量No.1!

カルシウムも黄金バランスで配合!

継続しやすい価格!

成長サポート「ノビルン」

詳しくは公式サイトで♪

▼▼▼CLICK▼▼▼

>>ノビルン公式サイト<<